奴隷女の告白

カメラ越しにM字開脚の淫らな姿。
言い付けどおり、丁寧に下の毛を剃り落とした事を存分に物語る。

この御主人様は君の露なアソコを見て鼻で笑うだけ。


直に手を伸ばして触れる訳では無い
映像に映る女相手に興奮は無い。


有るのは
ただ
嗜虐心と

羞恥心を煽る
意地悪な
俺の舌先だけ



「……現実に男が出来ても同じ事出来る?」

意地悪くライブチャットで囁いて見れば
奴隷女は小さな声で

「出来ないから、今こうしてる」と呟く。







下の毛、綺麗に剃れたね。


小柄な君を抱こうとする男は小児性愛の感覚に近い興奮を覚えるだろうな。

実際、こんな小柄な女っているんだなと不思議な位で、白い内股の奥には淫らな花が濡れていた。



「御主人様」

「ん?」

「雛は御主人様だけの愛玩奴隷に成りたいです」

「……」






22時の奴隷女の告白。

「なら、コートの下何も着ないで俺の所に来るかい?」

雛子は何故か嬉しそうだった。

でも、「今はいけない」と答える。
何やら君も曰く付きみたいだね。






「さぁて、今夜はどうする?」




10/12 23:30

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(2件)

Amaranto :  なぁ〜遠隔操作の性犯罪者って
感じ?

10/13 18:54 

sapphire :  おおおおおお。
現実に近い仮想・・・。
画像見たけど愛らしい子じゃん。
俺.ニヤついて仕方がないんだけどw。
10/13 00:34 


※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

Amaranto

Category

Search

rss
rss2

QRコード